アリシア・ヴィキャンデルとライリー・キーオ、『ザ・アースクエイク・バード』で共演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリシア・ヴィキャンデル(29)とライリー・キーオ(28)が、新作殺人ミステリー映画『ザ・アースクエイク・バード』で共演するようだ。デッドラインによると、現在公開中の『トゥームレイダー ファースト・ミッション』で主人公ララ・クラフトを演じるアリシアとエルヴィス・プレスリーを祖父に持つライリーは、スザンナ・ジョーンズによる日本を舞台とした同名小説の映画化作で友人のルーシーとリリー役をそれぞれ演じるという。

原作では、友人リリーの殺害容疑で警視庁に逮捕されたルーシーが、日本人のカメラマンの恋人とリリーとの三角関係など、リリーの失踪までの出来事を回想する。

日本人カメラマン役を誰が務めるかは、まだ発表されていない。

ジュリアン・ムーアがアカデミー賞主演女優賞を受賞した『アリスのままで』でメガホンを取ったウォッシュ・ウェストモアランドが、同作の脚本と監督を担当する。原作で設定されている時代に日本に1年間留学をしていたことがあるというウェストモアランドのもと、撮影は5月にも東京と佐渡島で始まる予定だ。

本作の映画化は当初、アマゾン・スタジオで開始されていたが、現在はネットフリックスに企画が移っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop