オリヴァー・ハドソン、絶縁状態の父と和解?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリヴァー・ハドソン(41)が絶縁状態にあった父ビル・ハドソンと関係を修復しようとしているようだ。オリヴァーが2015年の父の日に、ビルと妹のケイトと3人で写った写真をインスタグラムに投稿し、「素敵な育児放棄の日」と投稿したことで、ビルが元妻ゴールディ・ホーンとその間に出来た子供であるオリヴァーとケイトのことを自分にとっては死んだも同然と公言するに至っていたが、その投稿をきっかけに父と連絡を取り始めていたことを明かした。

『ラリー・キング・ナウ』に出演した際、オリヴァーはこう説明している。「今、頑張っているところなんだ。何回かメールのやりとりをしたよ」「僕のインスタグラムの件があっただろ。ダークな冗談風で僕がした投稿が炎上したわけだけど、それがある意味、僕らの関係の助けにもなったんだ。だから今は連絡を取っていると言えるよ」

最初は「喧嘩腰」だったと言うオリヴァーだが、12年ぶりに父に会った時の気持ちは特別なものだったようで、「親父はあるインタビューでひどいことを言ってた。それで自分も傷ついたみたいなんだ。その後、電話で話したよ」「すごく生産的な会話だった。その後、実際に会って、一緒に朝食を取ったんだ。12年ぶりだったんだけど、父の顔を見られたのはすごく良い気分だった」「それで話をして、3時間くらい濃い話が出来たよ」と振り返っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop