ドラマ『ザ・クラウン』新シーズン、エディンバラ公役が決定!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『ザ・クラウン』の新シーズンでトビアス・メンジーズがエディンバラ公フィリップ王配役を演じることになった。『ゲーム・オブ・スローンズ』での演技も記憶に新しいトビアスが、ネットフリックスの同人気ドラマでこれまでマット・スミスが演じていたフィリップ殿下役をシーズン3から2シーズンに渡って演じる契約を交わしたとみられている。

デッドラインによれば、当初はポール・ベタニーがその役に向けて交渉を行っていたというが、何らかの理由で身を引いたという。

『アウトランダー』のフランク/ジョナサン・ランダルでも知られるトビアスは、この夏にもイギリスで『ザ・クラウン』の撮影に取り掛かることになりそうだ。

そんなトビアスが演じるフィリップ殿下の若い頃を演じてきたマットは先日、ドラマからの降板を知った時の衝撃をこう明かしていた。「僕達みんながもう出られなくなるなんてひどいだろ」「がっかりしていないと言ったら嘘になるね。あれほど素晴らしい役にはもう巡り合えないんじゃないかと恐れてもいる。でもバトンを渡せる興奮もあるよ」「撮影最後の日にはクルーに別れを言うのが辛かった。あの作品はとにかく良質だったから」「妻役(クレア・フォイ)に別れを言うのもね。でも人は次へと進むものだろ」

今後ドラマ内で時が流れた姿が描かれるにあたり、エリザベス女王役もこれまで演じていたクレアからオリヴィア・コールマンへと交代が決定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop