クリッシー・テイゲン、リアーナのスキャンダルが理由でスナップチャットの利用を中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリッシー・テイゲンがスナップチャットの利用を止めたという。夫ジョン・レジェンドとの間に第2子を妊娠中のクリッシーは、先日ドメスティックバイオレンスの被害者を軽視した広告が掲載されていることをリアーナが非難していたことに続き、同アプリの使用を止めることに決めたという。

ツイッターを主に利用しているクリッシーはそこで「スナップを使うのを止めたわ。色んな人から私を探せないと言われるし、リアーナのことがあったでしょ。あれはナシね」と綴っている。

2009年に当時の交際相手であったクリス・ブラウンからドメスティックバイオレンスの被害を受けたリアーナは先日、同アプリで「リアーナに平手かクリス・ブラウンにパンチ」のどちらを選択するかといった内容の広告が掲載されたことを強く批判していた。その際リアーナはインスタグラムのストーリー機能にリアーナは「これは無知というものでしょうけど、そんなにバカだったなんて!」「これは私だけの問題ではなく、過去にDVの被害に遭ったことのある全ての女性や子供、男性たち、そして何よりも、まだ打ち明けられていない人たちにとって重要な問題だわ」「あなた達にはがっかりよ!恥を知りなさい。謝罪を求めるわ」と投稿していた。

それを受け、スナップチャットを経営するスナップ・インクは謝罪文を発表すると同時にこのような事態を引き起こした原因を調査するとして、「この広告は非常に不快なものであり、弊社のサービスに登場することがあってはならないものです。このようなミスが起きたことを心からお詫び申し上げます」「今後、二度とこのようなことが起きないよう、現在原因を調査中です」とコメントし、同社がDV撲滅を目指す非営利団体ナショナル・ネットワーク・トゥ・エンド・ドメスティック・バイオレンスを支援していることも強調していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop