ブラッド・ピット、MIT教授に首ったけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラッド・ピット(54)がネリ・オックスマン(42)に完全に惚れ込んでいるという。建築マニアとしても知られるブラッドは名門マサチューセッツ工科大学の教授で建築家でもあるオックスマンと昨年秋からデートを順調にデートを重ねているそうで、Usウィークリー誌上で関係者は、「ブラッドは彼女のとりこです。相性も抜群なんです」「すぐにロマンティックな関係になりました。詮索好きな世間の目から逃れようと務めています」と話す。

2016年9月のアンジェリーナ・ジョリーとの破局後、独身を貫いてきたブラッドだが、オックスマンとは今年2月に開催された南アフリカでの国際デザイン会議「デザイン・インダバ」にも共に訪れたそうで上記関係者は「ブラッドとネリは何回か海外へ一緒に行っていますよ」と明かしている。

昨年11月にはブラッドとオックスマンのツーショットが明るみになり、その写真からも彼女の講義に出席していたことが窺われる。MITの学生らがその写真をオンライン上に投稿したようだが、オックスマンの隣にブラッドが立っている写真は削除されたもようだ。2人はMITの建築プロジェクトで出会い、建築を通して仲を深めていったという。

一方、ブラッドとアンジェリーナは現在正式に離婚成立の間近のようで、長期間に渡る離婚調停を経て、9歳から16歳までの6人の子供の親権を共有するなどの取り決めに関して同意に至ったと最近報じられ、関係者はこう話していた。「離婚条件に関して、同意に達したようです。2人の弁護団によって仕上げられているところで、、数週間のうちに申請されるでしょう。離婚当時のアンジェリーナの言い分を考えれば大きな転換となりましたが、2人とも現在は良い関係にあるんです」「両者は、子供たちのためには互いに尊敬しあう関係であることが必要不可欠であるという結論にたどり着いたのです。重要な点は2人が親権を共有することで同意したことです。ブラッドに面会権を与え、仕事や移動など諸事項に関してアンジェリーナと一緒に取り組むことになりました。。離婚を撤回したという噂もありましたが、それはありません」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop