ジ・オーヴァートーンズのティミー・マトリー、帰らぬ人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジ・オーヴァートーンズのティミー・マトリーが、36歳の若さで息を引き取った。11日(水)、同グループの公式ツイッターが皮膚がんでティミーが亡くなったという衝撃的なニュースを発表している。

同グループは同SNSで「悲しいことに、親友であり、兄弟でもあったティミーが亡くなったことを伝えなければなりません。この訃報は皆さんにとっても私たちにとっても痛ましいものであると思います。皆さんの生前の彼への愛やサポートに感謝いたします」と綴った。

2010年に同グループでデビューしたティミーは2年前に腕にしこりが見つかり、ステージ3の悪性黒色腫だと診断されて以来、闘病を続けてきた。

また、ロンドンの王立マーズデン病院での医療費用を捻出するため、クラウドファンディングサイトの「ジャストギビング」にて寄付を募っていたティミーは、目標金額も集まりそのお返しに来月スカイダイビングに挑戦する予定だった。

2015年以降新曲をリリースしていなかった同グループだが、イギリスでトップ10にランクインしたアルバムが4枚、デビューアルバム『グッド・オル・ファッションド・ラブ』もチャート4位に入る活躍ぶりを見せていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop