ビッフィ・クライロ、アコースティックアルバムをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッフィ・クライロがアコースティックアルバムのリリース及びツアーを発表した。昨年11月ロンドンのラウンドハウスで開催された「MTVアンプラグド」の模様を収めたそのアルバムには新曲『ディファレント・カインド・オブ・ラブ』やビーチ・ボーイズの名曲カバー『神のみぞ知る』の演奏も含まれており、同バンドは今年の9月からイギリス、アイルランドを回る全7公演をスタートさせる。

また、以前同バンドは新しいアルバム制作の真っ只中だとして、メンバーのサイモン・ニールはこう話していた。

「アルバムを2枚制作中だよ。1つはジェイミー・アダムスが監督する映画のためのものだ」「残念なことに(前回のアルバム)『エリプシス』に続く新作は遅れてしまう。時間が足りないんだ!その映画はアルバムにちなんだタイトルになるよ。ダイアローグと詞が呼応し合うかたちになるのさ。音楽と映画がお互いに影響し合ってね。ちょっと変わった感じだけど」「そのアルバムは2018年後半には出ると思う。その後ビッフィの8作目だ!」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop