エマ・トンプソン、『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』ミュージカル版の監督に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エマ・トンプソン(58)が、『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』のミュージカル版の脚本と監督を務めるという。2005年の映画版で主演したエマだが、今度は同作の原作のクリスティアナ・ブランドの児童小説「マチルダばあや」シリーズの舞台化に挑むようで、シンガーソングライターのゲイリー・クラーク・ ジュニアが作詞を担当するとデイリー・メール紙は報じている。

エマは、ミュージカル版を監督することに緊張と興奮を見せつつ、「ちょうど最初のワークショップをやったところで、次は10月ね」と順調に進行していることを明かした。

また同作は『リトル・ダンサー』のミュージカル版の製作も務めたワーキング・タイトル・フィルムズを運営する映画プロデューサー、エリック・フェルナーとティム・ビーヴァンが製作を担当予定で早くて2020年にはロンドン公演が実現するものと予想されている。

またエマは、主役のナニー・マクフィーを誰が演じるのかについて口をつぐんでいるものの、同紙はイメルダ・スタウントン(62)の可能性を示唆している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop