クリステン・スチュワート、カンヌ映画祭の審査員に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリステン・スチュワート(28)が第71回カンヌ国際映画祭の審査員を務めることになった。「トワイライト」シリーズなどで知られるクリステンは、来月フランスで開かれる同式典で審査員長のケイト・ブランシェットをはじめ、エイヴァ・デュヴァーネイ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、張震、ロベール・ゲディギャン、カジャ・ニン、レア・セドゥ、アンドレイ・ズビャギンツェフらと共に審査員の席に着く。

今回の審査団は5大陸7か国を代表する映画人で構成されており、女性の数が男性を上回るのは映画祭史上わずか3回目となる。

今年度は5月8日から19日にかけて開催されるカンヌ国際映画祭には、以前アドルフ・ヒトラーに関する問題発言により出入り禁止となっていたラース・フォン・トリアー監督が出席する方向であることがつい先日明らかになっていたところだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop