セレーナ・ゴメス、襟足を刈り上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレーナ・ゴメス(25)が「微細な変化」を求め、襟足を刈り上げた。トレードマークだったロングのブルネットヘアから最近はプラチナブロンドのショートボブに変えたりもして、ディズニー・チャンネルのティーンスターのイメージからの脱却を図ってきたセレーナが今回、襟足刈り上げのポニーテール姿を披露した。

24日(火)、インスタグラムに刈り上げ後の写真を投稿したセレーナは「常に微細な変化を求めてる。プーマ・ドイツ社との時間。歓迎を受けてとても嬉しい」と綴った。

今回のイメチェンはセレーナが突然決めたことだったようで、刈り上げを手掛けたヘアスタイリストのティム・デュエナス氏もそのセレーナの写真を同SNSに上げて、「友人からセレーナ・ゴメスを刈り上げなさいと呼びつけられた時。。。マリッサ・マリーノによる(セレーナの)スタイリングは完璧だ。今回の興に入らせてもらってありがとう」とメッセージを添えている。

また、今月セレーナはメッセージにもあるプーマと共にスニーカー「フィナム・ラックス」をデザインし、その売り上げから自身も闘病中の難病、全身性エリテマトーデスの研究費用に寄付することを明らかにしていた。そして今回その記念イベントでセレーナは同ブランド拠点のドイツに飛んだようだ。

同ブランドはそのスニーカーの売り上げから10万ドル(約1100万円)をルーパス・リサーチ・アライアンス基金へ寄付することを発表している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop