ヘンリー王子、結婚式での介添人はウィリアム王子!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィリアム王子が弟ヘンリー王子の結婚式で介添人を務める。5月19日にウィンザーの聖ジョージ礼拝堂で予定されているヘンリー王子とメーガン・マークルの結婚式でその大役を任されたことにウィリアム王子は名誉だと感じているという。

ケンジントン宮殿は「ヘンリー王子はメーガン・マークルさんとの結婚式でウィリアム王子に花婿介添人を依頼しました」「ヘンリー王子は2011年のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式で介添人を務めていました」「ウィリアム王子は依頼されたことを名誉に感じており、5月19日に聖ジョージ礼拝堂で弟を支えることを楽しみにしています」と発表した。

この発表にあたり、ケンジントン宮殿の公式ツイッターには警察のヘルメットをかぶった両王子の幼少期の写真や、『スター・ウォーズ』が撮影されていたスタジオでライトセイバーで戦っている写真など、2人が一緒に写った数々の写真が掲載されている。

一方でメーガンの介添人や先導役のページボーイについては発表されていないものの、ウィリアム王子とキャサリン妃の子供であるジョージ王子(4)とシャーロット王女(2)が何らかのかたちで役を担うとみられている。

ウィリアム王子夫妻にはつい先日第3子が誕生したところだが、次男である王子の名前についてはまだ公表されていない。

来月19日の式には一般人を含めたおよそ600人が招待されている。プリヤンカー・チョープラーやヴィクトリア・ベッカムが招待されたことをほのめかしていたほか、ヘンリー王子の元交際相手であるチェルシー・デービーやクレシダ・ボナスも招待状を受け取ったとも噂されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop