ハリソン・フォード、『ペット』続編でアニメ映画初挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリソン・フォードがアニメ映画で初めて声優を務めることになった。「スター・ウォーズ」シリーズや「インディー・ジョーンズ」シリーズでお馴染みのハリソンは、『ペット』の続編でペットか人間のキャラクターに声を当てるようだ。

デッドラインによると、ハリソンの他に、ティファニー・ハディッシュ、パットン・オズワルト、ニック・クロール、ピート・ホームズらが新キャストに名を連ねる一方で、ケヴィン・ハート、ジェニー・スレイト、エリック・ストーンストリート、エリー・ケンパー、レイク・ベル、ハンニバル・バーエス、ボビー・モイニハンなど前作のキャストも引き続き声の出演をするという。

2020年公開予定の「インディー・ジョーンズ」の第5弾が控えるハリソンだが、アニメ作品の声優としての経験は、1978年にテレビ放映された『スター・ウォーズ ホリデー・スペシャル』の中のアニメで描かれたハン・ソロ役だけだ。

ハリソンの配役は不明だが、昨年前作でメインキャラクターであるジャック・ラッセル・テリアのマックス役を演じていたルイス・C・Kが、2002年から少なくとも5人の女性の前で露出や自慰を行っていたとニューヨーク・タイムズ紙に報じられたことを受け、ユニバーサル・ピクチャーズとイルミネーション・エンターテインメントは、ルイスとの関係を解消したため、今後続編で声優を務めることはないと発表している。

『ペット』続編は2019年6月公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop