ステラ・マッカートニー、コミックキャラクターを使った子供服を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステラ・マッカートニーが、イギリスの子供向け長寿コミック雑誌『ビーノ』や『ダンディ』で知られるビーノ・スタジオと提携して、子供服のラインを展開する。先日にはコングロマリットのケリングから独立するニュースで話題となった同ブランドだが、今回2018年秋冬キッズコレクションの全貌が明らかとなり、同雑誌のキャラクターたちが登場したTシャツ、ジーンズ、ベルベット地のダウンジャケットといったアイテムが公開となった。

内訳としては『ビーノ』からビーノやミニー・ザ・ミンクスらを使った10種、『ダンディ』からコーキー・ザ・キャット、カドルズ&ディンプルズ、ディナー・モゥらを使った30種と計40種類のアイテムが発売予定だ。

ステラは同コレクションについて「『ビーノ』は私の子供時代、大きな存在だった。コミックの中を駆け巡っていたその反抗的で享楽的な気質がこの新しいコレクションのデザインを導いたの。昨年ウィメンズで『ダンディ』を使い成功を収めて、今度は次世代のビーノファンに向けたサステイナブルで実用的なラインを作ろうって思ったわ。ビーノ精神を引き継ぐ子供たちのためにね」と話す。

一方、ビーノ・スタジオのCEOであるエマ・スコットは同コレクションについてこう語った。

「世界に名を轟かすファッションデザイナーのステラ・マッカートニーとそのスタッフと共同で、再度アイコニックなイギリスのコミックキャラクターに命を吹き込むというのは素晴らしい機会です」「ステラは我々の『ビーノ』のキャラクター達、そして彼らの勇敢で反抗的な性格を熟知しています。今回のコレクションで『ビーノ』や『ダンディ』のヒーローたちに新しく躍動的な方法で命を与え、今日のビーノチルドレンたちに適したものに仕上げてくれました」

同コレクションはステラ・マッカートニーのオンラインストアと路面店にて6月から発売予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop