デヴィッド・ギャンディが環境に優しいヘアケアラインを展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスのファッションモデル、デヴィッド・ギャンディ(38)が「サステイナビリティ」に配慮したヘアケアラインを発表する。ドルチェ&ガッバーナの人気香水「ライトブルー」のキャンペーン登場後、男性モデル界に旋風を巻き起こしたデヴィッドが、今回ゼイン・マリク、ヘイリー・スタインフェルド、ピクシー・ロット、ジャレッド・レトらセレブ御用達のヘアスタイリスト、ラリー・キングと共同でヘアケア製品をプロデュースする。同ラインは美容面はもちろん、プラスチックを一切使用しないという環境面も考慮した商品群で構成されているという。

デイリー・メール紙のインタビューに応じたデヴィッドは「僕のヘアドレッサーのラリー・キングとヘアケアラインを作るんだ。倫理意識も考えている。再生可能なパッケージやプラスチック未使用といったね。変わりにアルミニウムを試しているんだ」と話す。

また、このようなエコ意識はデヴィッドの私生活にも浸透しているようで、最小限の消費に抑えるために、日常の買い物の際にはビニール袋ではなく紙袋を提供するスーパーマーケットを選んでいるそうだ。

他にもデヴィッドは英アクセサリーブランド、アスピナルオブロンドンと提携してレザーバッグの新ラインも展開する予定だ。同ラインは第2次世界大戦中のイギリス空軍戦闘機「スピットファイア」にインスパイアされたものだそうで「アスピナルとのパートナーシップが非常に誇らしいんだ。ユニークなイギリスのメンズラゲッジを作れたらと思う。あらゆる男性のニーズに応える高品質で、さりげなくスタイリッシュなものがコンセプトさ。最大2日間の移動時間に適したアイテムを18種類ほどね。どれもがアイコニックなスピットファイアに影響されたデザインになっているよ」と説明した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop