キャリー・マリガン、一人芝居のニューヨーク公演が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリー・マリガンによる一人芝居『ガールズ&ボーイズ』のニューヨーク公演が決定した。ロンドンのロイヤル・コート・シアターで上演されたデニス・ケリー演出による同作は、主役の女性を演じたキャリーの演技が高い評価を受けていたが、今度はオフブロードウェイのミネッタ・レーン・シアターへと舞台を移し、6月12日のプレビューを皮切りに同月20日から正式に上演開始されることになった。

この作品では空港で夫となる男性にあった女性の姿が描かれている。恋に落ち、家庭を持った2人が離婚の危機へと向かう様子を女性側の視点から描写する。

ロンドン出身のキャリーだが、夫であるミュージシャンのマーカス・マムフォードとその2人の子供と共に現在はアメリカを拠点にしている。

この一人芝居については、ケリーから話を持ち掛けられた際、キャリーは主人公の女性の普通さに魅力を感じたとして「普通の家族に崩壊が訪れ、予期せぬ方向へと進んでいくの」と説明していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop