ジェイダ・ピンケット=スミス、ガブリエル・ユニオンとの不和を明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイダ・ピンケット=スミス(46)がガブリエル・ユニオン(45)との間に17年間に渡って不和があったことを明かした。17年間という長い不和を経て、フェイスブックの動画サービス、ウォッチでの新トーク番組『レッド・テーブル・トーク』にガブリエルを迎えたことは、自身にとってとても意味のあることだったという。

「ガブリエル・ユニオンとのすごく感動的なエピソードがある。私たちは17年間も良い関係になかったんだけど、仲直りしたの」「だからプロデューサーたちから女友達をテーマにした番組をやりたいと言われたとき、すぐに彼女の名前が浮かんだわ。それ以外は考えられなかったの」と『エクストラ』に語る。

2人とも何が原因で険悪な関係になっていたのかは覚えていないというものの、長年の時を経て、その関係をを修復することにしたようだ。

ジェイダの新番組では母エイドリアン・バンフィールド・ノリスさん、そして夫ウィル・スミスとの17歳の娘ウィロウも迎えて深い話を展開するそうで、「『レッド・テーブル・トーク』はありのままの真実と会い、深い情熱について話すものよ。私の母は昔かたぎで、ウィロウは今風、私はその中間って感じね」「フェイスブックでは多くのことを共有してきて、存在も大きくなってきた。フェイスブックのウォッチを見てくれる人たちと、こんなに個人的な方法でつながれるなんて最高だし、新しいことへの参加を楽しみにしているわ」と意気込みを見せた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop