エド・シーラン、禁煙1周年を祝う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エド・シーランが禁煙1周年を迎えたようだ。エドは先日、減量のために2017年に禁煙をし始めて以来、タバコなしの生活で1年を送れたことをインスタグラムで報告した。写真家によるステージ上の自分の白黒写真と共にエドは「今日、禁煙1年を祝い中」とコメントを付けている。

家族との時間を取り、予定も立てずに旅行に行きたいという理由で、2016年のツアー後から1年間の活動休止期間を取ったエドだったが、その期間に体重が増えてしまったと明かしていた。当時エドは、「チェーンスモーカーになってた。お酒もすごく飲んで、体に良くないものばかり食べてさ。今もそういうことはするけど、父が言うように『物事は全てほどほどに』ってことだよね。僕はつまり、ほどほどにする必要があったってことさ」と語っていた。

禁煙はうまくいっている様子のエドだが、自宅内にパブを作ったと明かしていたことから、お酒を控えるのは難しそうだ。「前からバーエリアみたいのはあったんだけど、そこにいくつかのビールサーバーを作ったんだ。クールだろ。そこに続くトンネルみたいのがあって、そこは閉めることもできるようになってる。だからパーティーをやる時はみんなそこのパブに行って、自宅には入れないようになるわけさ。そうすれば誰かに物を盗まれたり壊されたりする心配がないだろ」

一方で体形維持には1日10分間のエクササイズをするように心がけているそうで、「確実に毎日やることがポイントなんだ。そうすれば1時間もやらなくてすむからね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop