エド・シーラン、ダニー・ボイル監督作にカメオ出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エド・シーランがダニー・ボイル監督最新作『オール・ユー・ニード・イズ・ラブ』にカメオ出演するようだ。『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』や『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演したことのあるエドがこの新作に出演するのではないかという話は以前にも浮上していたが、ワールドツアーの合間に英リバプールの撮影へ出向き、リリー・ジェームスとのシーンを撮影することになったようだ。

ある関係者はザ・サン紙に「エドはこの映画出演の機会に飛びついたんです」「(本作の脚本を担当している)リチャード・カーティスとは隣人で、役をオファーされたんですよ。大きな役ではありませんが、エドの出演は大きいですよね」と語る。

ビートルズからヒントを得たという同作コメディに向けては5000人ものエキストラが参加すると言われており、サフォーク、エセックス、ノーフォークとイギリス各地での撮影が現在進んでいる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop