植木箱の人工芝だけの「ガーデニング」、チェルシー・フラワー・ショーに認められる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

植木箱に埋め込まれただけの人工芝が、世界屈指のガーデンショーであるチェルシー・フラワー・ショーから高評価を受けたという。英ウルヴァーハンプトンに住む47歳のこの男性は、ベランダに取り付けた植木箱に人工芝を敷いただけの「ビアガーデン」を、今年は5月22日から26日にかけて開催される同祭典の主催者である王立園芸協会に冗談のつもりで提示したところ、思いがけぬ返答が返ってきたという。

そのメールにはこう書かれていた。「申請ありがとうございます。あなたがあのようなわずかな空間と材料で成し遂げたことに私たちは皆魅了されています」「高価なものには手が届かない若者にとって素晴らしいアイデアであることがまさに見て取れます」「来年度のフラワーショーのリストに入れましたので、またご連絡させていただきます。それまで、あなたのビアガーデンで太陽を楽しんでくださいね」

これを受け、その男性は「何か手がかからずに面白いものがあったらいいと思ったんです」「うちの娘に今年はあの植木箱に人工芝を植えるからと冗談を言ったんですが、『ちょっとまてよ、それ本当に悪くないんじゃないか』と思ったんです。王立園芸協会には笑い話のつもりでメールしただけで、返信など期待していませんでした。あちらからの反応は素晴らしく、幸せな気分にしてくれましたよ」と驚きを語っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop