ジョージ王子とシャーロット王女、ロイヤルウェディングで大役に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージ王子とシャーロット王女が、ヘンリー王子とメーガン・マークルの結婚式で重要な役目を果たすことが分かった。来る19日にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で予定されているロイヤルウェディングにて、ウィリアム王子とキャサリン妃の子供である2人はそれぞれページボーイと花嫁介添人を務めるという。

またヘンリー王子とメーガンのゴッドドーターたちのほか、メーガンの親友であるジェシカ・マルロニーの4歳の娘も花嫁介添人を務め、ジェシカの2人の息子たちとヘンリー王子のゴッドサンがページボーイとして共に登場するようだ。

ヘンリー王子とメーガンの結婚については先日、エリザベス女王からの正式な許可を証明する承諾書簡も公開されていた。

ヘンリー王子とメーガンの結婚式に向けては、メーガンの父トーマスの出席の有無を巡って様々な話題が取り沙汰されているところだが、トーマスが欠席した場合、メーガンはバージンロードを母ドリス・ラグランドと歩くことになるとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop