バックストリート・ボーイズ、5年ぶりのアルバムはカントリー調!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックストリート・ボーイズが5年ぶりとなるアルバムをリリースする予定だ。今回の新作の方向性について『エンターテイメント・トゥナイト』に登場したメンバーのハウィー・Dは、「僕たちは最近カントリー音楽の世界からお呼ばれしていてね。そのジャンルを確実に堀り下げたし、ある時点では完全にカントリーアルバムにしようと話し合っていたこともあったよ」「(カントリーアルバムというアイデアは)まだ却下されたわけじゃないし、それについては検討中なんだ。もちろん、僕らのルーツはポップでありその事実は常に頭の中にある。今までの郷愁も合わせて、現在僕らには真にポップバンドだっていう自覚があるんだ」と語る。

また、同新作はエレクトロミュージックからの影響もあるようで、「EDMについても研究したよ。ザ・チェインスモーカーズとコラボしたり、スティーヴ・アオキやゼッドとも知り合いになった」とハウィーは話し、現在も続行中の同グループのラスベガス定期公演を引き合いに「ベガスの定期公演はこういったプロデューサーやDJとコラボする可能性を開いてくれた」「ニューアルバムはそういった全てのことが散りばめられている。自分たちのトレードマークのポップなメロディーやハーモニーは健在で、同時にダンス、カントリー、R&Bといったジャンルに自分たちを埋没させることなく手を出しているんだ」と続けた。

そして今後の同グループの予定については、「ベガスの定期公演を今年の7、8、10月そして来年の2月までするよ。それからこの新作と今までのヒット曲でワールドツアーを開催する予定さ」「世界中を回るからね」と意気込みを語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop