サンドラ・ブロック、最新エステ「ペニス・フェイシャル」にはまる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンドラ・ブロック(53)が「ペニス・フェイシャル」なるエステで若返りを図っているようだ。一回の施術料650ドル(約7万円)というその一風変わったエステに定期的に通うことで、若く瑞々しい肌が保たれるのだという。その美顔トリートメントというのも、新生児の陰茎包皮から抽出された線維芽細胞に入ったコラーゲンやエラスチンの生成を促すとされる美容成分を、顔の毛穴から極小の針がついた電動器具で注入するものだそうだ。

『エレンの部屋』に出演したサンドラは司会のエレン・デジェネレスにもその施術を紹介し、「通称ペニス・フェイシャル。効果を知ったら、地元のフェイシャリストに『ペニス下さい!』って駆け込むことになるわ」と推奨したものの、エレンからは、「なに故にそんなことしたいの?小さなペニスたちがあなたの顔から飛び出すまで広がり始めるわよ。報いが起こるんだから」と一笑に付され、「それも構わないわ」とサンドラは答えていた。

今回のサンドラの同番組ゲスト出演は、女性版『オーシャンズ11』 こと新作映画『オーシャンズ8』のプロモーションを兼ねていて、サンドラはオリジナル版でジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンを演じ、ニューヨークはメットガラでの世紀の大強盗を計画する。その共演者にはサラ・ポールソン、リアーナ、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイと豪華な女性スターが顔を揃える。

また、その新作にちなんだプライベートでの危険なエピソードについて同番組で聞かれたサンドラはこう明かしていた。「映画の中では、私は出所して、メットガラでの宝石を盗む計画に5年半を費やし、それから女性チームを結成し実行に移すの」「(私生活で危険だったことと言えば)一度ダンスマラソンで酔っ払って、病院で胃の洗浄を受けたことね!」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop