ロイヤルウェディングにてメーガン・マークルの息を呑むウェディングドレスがお披露目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新婦メーガン・マークルが19日(土)のロイヤル・ウェディングにて、イギリス人デザイナー、クレア・ワイト・ケラーによるドレスをまとい登場した。ジバンシィにて初の女性アーティスティック・ディレクターの座についたクレアによる麗しいドレスがお披露目となっている。7部袖のボートネックのドレス、そして英国王室を象徴するシルクチュールのベールは5mもの長さに及び、絹糸とオーガンザで手縫いされた花が目を引いていた。

当日発表された、ケンジントン宮殿による声明にはこう綴られている。「マークルさんは式を通して53ヶ国でつくられるイギリス連邦が自分と共にいてくれることを望んでいます。ワイト・ケラーさんが連邦それぞれの国を代表する花をあしらい、一つのパターンにまとめ上げた素晴らしいヴェールをデザインしました」

また、式中メーガンの頭にはエリザベス女王から借りたダイヤモンド製のティアラが光り輝いてもいた。1893年製のブローチ付きの冠がそれで、本体は1932年に製作された歴史的なものだという。他にも今回メーガンはジバンシィの靴、アクセサリーにはカルティエのイヤリングとブレスレットを身に着けていた。

デザイン担当のクレアとメーガンは2人で今回の式での衣装について長らく話し合いを重ねてきたようで、ドレスの製作は今年の初めに開始されたという。王室の声明はこう続く。

「マークルさんはワイト・ケラーさんと2018年の初めに出会い、彼女の時代を超えたエレガントで審美的な非の打ち所のない仕立ての技術、そして落ち着いた態度もあいまって依頼を決めたのです。世界的ブランドのプリングル・オブ・スコットランド、クロエを渡り歩き現在ジバンシィで指揮を執るこのイギリスの才能を見せたいという思いもありました」「今回のデザインでマークルさんとワイト・ケラーさんは綿密に話し合いをしていました。そのドレスはジバンシィを代表する時代を超えたミニマルなエレガンス性を象徴しています。1952年から始まり、パリ発の世界的オートクチュールとなった一流のクラフトマンシップがそこにはあります」

一方、新郎のヘンリー王子はベストマンを務めた兄ウィリアム王子と同様イギリス騎兵連隊ブルーズ・アンド・ロイヤルズのユニフォームであるフロックコートをまとっていて、「女王がヘンリー王子に式でのそのユニフォーム着用を許可しました」「(ロンドンの老舗テーラーが並ぶ)サヴィル・ロウのデッジ&スキナーにより仕立てられたものです」と王室は明かしている。また、ページボーイを務めた4人の少年も同フロックコートを着用していた。

また、メーガンの持っていたブーケは、ヘンリー王子がケンジントン宮殿から摘んできた花をフローリストのフィリパ・クラドックがアレンジしたものだという。他にもメーガンのヘアはサージ・ノーマントが、メイクアップは本人の友人でもあるダニエル・マーティンが担当したという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop