マーク・ハミル、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾に出演?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーク・ハミルが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾への出演の可能性について言及した。「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役でお馴染みのマークは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで監督を務めているジェームズ・ガンと共に、自分が過去にマーベル・シネマティック・ユニバースに出演する可能性があったことを明かし、続編への出演の噂に肯定的な構えを見せている。

ガンはインスタグラムにマークとの写真を投稿し、「数ヶ月前にツイッターで話していた隣人マーク・ハミルとのコーヒーがついに実現。BBQに、コーンブレッドに、コブラーもね」「ハミル家の庭で食事して、家の中にお邪魔したのは本当。素晴らしい人で、彼やハミル家のみんなには最高の日曜日を心からありがとうって言いたいね」とコメントした。

一方のマークは、ガンとは何でも話す仲だといい、2人の会話の中でマーベル・シネマティック・ユニバースの話題が持ち上がると今回明かしている。

マークはガンが投稿した写真と同じものを掲載し、「ご近所さんのジェームズ・ガンと会えて素晴らしい日だ!僕らには共通点がたくさんあって、何についても話すんだ。天気、園芸のコツ、お気に入りのレシピ、カトリックとしての出自、犬への偏愛、ブルーチーズ、猥雑なリメリック(五行詩)、そしてまた天気に戻る」とコメントした。

また、今年1月には「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの第3弾にマークを起用して欲しいというあるツイッターユーザーからの訴えに対して、ガンは「(カリフォルニア州)マリブに住んでいる僕の近所にマークも住んでいるから、彼は遊びに来て、1杯のコーヒーを飲みながら話すことも可能だね」と答えていた。

さらにマークは、ルークも最新作で散ったことで、現在「職にあぶれた役者」なので、ガンと会うのは本望だとして、「良き隣人かつフリーの役者として、喜んでやらせてもらうよ。もし本気なら僕の連絡先にメッセージしてよ」と冗談を飛ばしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop