アイヴァー・ノヴェロ賞、エド・シーランが2冠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロンドンで先月31日アイヴァー・ノヴェロ賞が開催され、エド・シーランが2冠に輝いた。ソングライター・オブ・ザ・イヤーを大御所エリック・クラプトンより授与されたエドは、受賞スピーチの中で自らがギターを始めたきっかけこそがクラプトンであったと称えた。

「僕がギターを弾いているのは、後ろに立っているあの方が理由です。ですから彼にこのアワードを渡してもらえるなんて大感激ですよ」その興奮を語った。

また、『ギャング・サインズ・アンド・プレイヤー』でアルバム賞に輝いたストームジーをはじめ、エドのヒット曲を生み出すのに貢献したソングライターのスティーブ・マックにも感謝の意を表し、「アルバム賞を受賞したストームジー、おめでとう」「そしてスティーブ・マックにもお礼を言いたい。『シェイプ・オブ・ユー』を作ってくれただけでなく、受賞には至らなかったものの(リアム・ペイン)の『ストリップ・ザット・ダウン』や数々の曲を生み出してくれたから」「彼はさっき、『シェイプ・オブ・ユー』が受賞した時、24年もここに来ているけど、受賞したのは今回が初めてだって言ってた」「『フライング・ウィズアウト・ウィングス』でも受賞しなかったなんて僕にとっては驚きだから。この賞はスティーブ・マックに捧げるよ。ありがとう」と語った。

一方で同式典では、 現在68歳の大御所R&Bシンガーであるビリー・オーシャンがインターナショナル・アチーブメント賞に輝いた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop