エディ・マーフィ、故ルディ・レイ・ムーアの伝記映画に出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エディ・マーフィが、故ルディ・レイ・ムーアの伝記映画に主演するようだ。エディは、1975年のブラックスプロイテーション映画『ドールマイト』で同名キャラクターを生み出したムーア役で、ネットフリックスが手掛ける新作に出演するという。

脚本は、伝記映画『ビッグ・アイズ』や『ラリー・フリント』に携わったスコット・アレクサンダーとラリー・カラゼウスキーのコンビが執筆するそうだ。

2008年に81歳で亡くなったムーアは、1970年代初頭にレコード店で働く一方で、店の常連や街中のポン引き、ギャングのメンバーなどから聞いた話を基に、ドールマイトというキャラクターを生み出した。

またスヌープ・ドッグ、インセイン・クラウン・ポッシー、ビースティ・ボーイズなどのヒップホップアーティストたちからカルト的に人気を博している同作を製作するにあたって、ムーアはドールマイト名義の曲を数曲リリースしていた。

ここ最近出演が減っているエディだが、以前自身を「半分隠居した紳士」だと評していた。

「この心の平穏が一番なんだ。平穏で静か、それが俺の日常さ。ギターを演奏し、妻と一緒にいるんだ。リラックスしてる、ストレスがないからね」「昔みたいに、簡単に出演はしないよ。お金は関係ないね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop