ジョシュ・デュアメル、新恋人に夢中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョシュ・デュアメル(45)が新恋人のエイザ・ゴンザレスにすっかりぞっこんだと言われている。4歳の息子を持つ妻ファーギーとの破局を昨年9月に発表していたジョシュは、『ベイビー・ドライバー』などで知られるエイザとの新ロマンスが2月に取り沙汰されていたが、その後順調に交際中だという。

関係者の1人はこう話す。「2人の絆は日に日に深くなっているようです。一緒にいるときはお互いに夢中なのが分かりますよ。とてもいいムードで笑いが絶えません。あんなに幸せそうなジョシュを見るのは嬉しいですね」「ジョシュはすっかりエイザにぞっこんです。仕事のない日は常に一緒にいますよ。エイザはジョシュにお似合いで、2人の関係は長く続きそうですね。ジョシュは日頃から私生活をあまり明かさないタイプですが、エイザもジョシュが新たな関係へと前進するのに必要なスペースを与えています。ジョシュは最近生き生きしていて、友人たちはそんなジョシュを見られるのをとても喜んでいます」

そんな順中満帆な様子の2人は、つい先日にカリフォルニア州シャーマンオークスにあるピザ店で2度目の公のデートが目撃されており、ジョシュに近しい前述の関係者らはジョシュがエイザとの関係を公にしてもよさそうな雰囲気だと話している。「公にするのはジョシュにとってかなり大きなステップです。今後もファーギーへの愛があることには変わりはありませんから、どんな形でも傷つけたくはないんです。ファーギーの心の準備ができていない段階で、自分が次の人へと公に移ることは絶対に避けたいんです。ファーギーの気持ちを尊重して、時間をあげたいと思っていますから」

一方のエイザもそんなジョシュの気持ちを尊重していたようで、ついに2人の関係を公にすることが出来て喜んでいるとその関係者は『エンターテイメント・トゥナイト』に続けた。「エイザはジョシュがデートを見られても構わないと思えるようになるまで隠しておくつもりでした。公の場に出ることは、2人にとって簡単なことではありませんでしたよ。エイザは2人の喜びを分かち合い、気軽にデートしたり、友達も交えて出かけたいと思っていましたので、待った価値があったというものです。待つことはジョシュにとって重要なことだと分かっていましたから」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop