ハイム、男女賃金格差発覚によりエージェントを解雇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイムが同じフェスティバルに出演していた男性アーティストが10倍ものギャラを受け取っていたことを知り、エージェントを解雇したようだ。ダニエル、アラナ、エスティの三姉妹から成るハイムは、あるイベントで自分たちの後に出演した男性アーティストとのギャラがあまりにも違うことを知った時、驚きを隠せなかったという。

ダニエルはこう説明する。「私たちはギャラが少ないのは、フェスティバルに出る目的はもっとラジオでかけてもらえるチャンスを願ってのことだけだからって聞いていたの」「だから深く考えなかった。でも後になって別の人が私たちよりも10倍ものギャラをもらってたことが分かった。だからエージェントをクビにしたの」

三姉妹は今でもその一件に怒りが収まらない様子で、その賃金格差を許せないとアラナはグラツィア誌に話す。「だから私は姉たちが大好きなのよ。絶対に信用ができるから。私たちは共同体なの」「でも世間がめちゃくちゃなことには恐怖を感じるわ。半分だったとかの話じゃないのよ、10分の1ってどういうこと?ありえないわ」

ハイムのメンバーはそのキャリアの中で男女差別を何度も感じてきたとして、アラナは「すごく怖いことは、私たちがちょっと違った素振りを見せると、自分たちで楽器を演奏していないと思われるようなことよ」「今でも『誰が本当は君たちの曲を書いてるの?』ってよく聞かれるわ」「男性だけのバンドは自分たちで曲を書いているってみんな自動的に受け入れるのに、女性バンドになると『ああ、だれか火付け役の男がいるんだな』って勝手に思い込むのよ」といら立ちを見せた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop