アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットに子供との面会時間を増やすように命令される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンジェリーナ・ジョリー(43)が、ブラッド・ピット(54)に子供との面会時間を増やすように命じられたようだ。アンジェリーナは6人の子供の優先的な親権を持っているが、裁判所文書によると、ブラッドに子供たちと過ごす時間をもっと与えないとその権利を失ってしまう可能性があるという。

ザ・ブラストによると、2人の離婚に関する判決の中で、「父親との関係を持たないことは、子供たちにとって害になる」とし、「それぞれの子供が父親と母親と健康的で強い絆を持つことが重要だ」と述べられていたという。

2016年にはブラッドに児童虐待の疑いが持たれていたものの、すでにその容疑は晴れているため、アンジェリーナには子供たちとその医師に「裁判所は子供たちがそれぞれ父親と過ごすことは安全だと判断した」ことを伝えるよう、裁判所から命じられたと言われている。

さらに、裁判所はブラッドと子供たちの夏休み中の過ごし方について概要を提示したが、長男マドックス(16)だけは自分で意思決定ができる年齢だということを理由に、この日程の対象から外されたようだ。

ブラッドは6月8日から17日まで1日4時間の間、アンジェリーナが借りているロンドンの家で子供と過ごすそうだが、この間、ブラッドは1度につき1人か2人の子供と過ごすことが要求されており、それぞれの子供と少なくとも2回は一緒に過ごすように設定されている。さらに、ブラッドは6月27日から7月1日にかけて1日10時間子供の面倒をみる他、来月8日から14日までの間に4日連続で子供全員と一緒に過ごすことが出来るという。7月21日から29日にかけては、ブラッドはカリフォルニア州での親権が与えられ、アンジェリーナには子供たちがロサンゼルスに向かうまでの移動、ブラッドには子供たちがまたロンドンに戻るまでの移動においてそれぞれ責任が課せられるという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop