カート・コバーンの娘フランシス・ビーン、新曲を示唆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランシス・ビーン・コバーンがインスタグラムで新曲を示唆した。今は亡きニルヴァーナのカート・コバーンとホールのコートニー・ラブを両親に持つフランシスは、アコースティックギターを手にオリジナル曲を歌う動画をまたSNSで公開した。

フランシスは4月にも動画を投稿しており、そこでも感情を込めた見事な歌声を披露していた。当時フランシスは「すごく落ち着かないわ。だって爪が長くてギターが弾けないから、ただ1人で部屋に座って歌っているの」「家にテレビを持たないのは最高の決断だったわね。だって何も考えないようにと無駄にエネルギーを費やすのではなく、自分の頭や魂を育むことに自分を仕向けられるから」と語っていた。

一方で、ビッフィ・クライロは先日、そんな音楽の才能を見せているフランシスとコラボしたいとの意向を明かしていた。1994年に若干27歳で自ら命を絶ったフランシスの父カートの大ファンだったという同バンドのメンバーは、昨年11月にロンドンで行われた「アンプラグド」のショーに先駆け、1994年にニルヴァーナが行った『MTVアンプラグド』のパフォーマンスを改めて見返していたのだという。そしてその娘フランシスが音楽活動を始めたことを受け、ドラムのジョンストンはBANGショービズに「フランシスと一緒に仕事が出来たら光栄だよ」「NMEかQアワードだったと思うんだけど、彼女の母親に偶然会って、『うちの娘があなた達のバンドの大ファンなの』って言われたんだ」「カート・コバーンの娘が自分のバンドを好きだと言われるなんてとてつもないことさ。もちろん(コラボは)乗り気さ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop