ヘザー・ロックリア、自殺発言により入院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘザー・ロックリアが拳銃自殺をすると口にしていたことで入院させられたようだ。『メルローズ・プレイス』などで知られるヘザーは17日(日)、自殺する危険を感じた家族から通報が入った後に、病院へ搬送されたとみられている。

TMZによれば、匿名の家族がヘザーの身の危険を感じて警察に通報し、ヴェンチュラ郡の消防局と保安官の両方が自宅へと駆け付けたという。当時ヘザーは常軌を逸した行動を取っており、自らを傷つけようと拳銃を探していたようだ。その後病院へと搬送され、精神鑑定が行われたと言われている。

TMZはこの一件があくまで医療的な措置であり、警察が現場には駆け付けたものの、犯罪行為は一切なかったと報じている。

ヘザーは今年の2月、恋人のクリス・ハイザーに対するドメスティックバイオレンスの容疑がかけられていた。その際には到着した警察に対する公務執行妨害なども合わせて4件の罪で逮捕されていた。ドメスティックバイオレンスの容疑はその後、棄却されているものの、他の4件の罪で4月に法廷に立ち、無罪を主張していた。

ヘザーは警察に対して自宅に足をまた踏み入れたら「銃で撃つ」と脅したと言われているが、警察が家宅捜索を行ったところ、銃器は発見されなかったとされている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop