「スター・ウォーズ」シリーズ、スピンオフ製作を保留

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーカスフィルムが、「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ製作を保留することに決めた。同社は今後『エピソード9』とそれに続く三部作の製作に集中することに決定したとコライダーは報じている。

関係者らが同サイトに語ったところによると、以前から噂されていたオビ=ワン・ケノービのスピンオフ作品は企画が進行していたそうだが、現在では誰もその作品に取り組んでいない状態で、ボバ・フェットのスピンオフの監督兼脚本に向けて『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールドとの交渉が続いているのかどうかも不明だ。

このニュースの前には、先月公開された『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の興行収入が公開1週目で8480万ドル(約93億円)、4週間で合計1億9280万ドル(約212億円)と、公開1週目で1億5500万ドル(約170億円)、4週間で合計4億2400万ドル(約470億円)を記録した『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を大幅に下回る事態を迎えていた。

両方の作品とも問題に見舞われており、『ローグ・ワン』では広範囲にわたる撮り直しを脚本家のトニー・ギルロイが指揮するに至り、『ハン・ソロ』は製作中にフィル・ロードとクリス・ミラーの両監督が降板し、後任のロン・ハワードが映画を完成させていた。

一方で、ギャレス・エドワーズが『ローグ・ワン』の監督に就任した時点で、ジョシュ・トランクがボバ・フェットのスピンオフを製作するために招かれていたが、その後離脱している。

しかし『エピソード9』後にもファンが喜びそうな新作が控えている。ルーカスフィルムは『最後のジェダイ』の監督兼脚本を担当したライアン・ジョンソンによる新しいキャラクターにフォーカスした新三部作の製作を発表しており、『ゲーム・オブ・スローンズ』のショーランナーであるデイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが脚本を執筆することが発表されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop