ダニエル・クレイグ、ハリウッドの殿堂入りが決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニエル・クレイグ(50)がハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名を刻むことになるようだ。「007」シリーズのジェームズ・ボンド役でお馴染みのダニエルは、『オーシャンズ8』のアン・ハサウェイやロバート・デ・ニーロと共に、ハリウッドの殿堂入りを果たすことなるという。

ジェームズ・ボンドの公式ツイッターは、「ダニエル・クレイグ、2019年にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前を刻むことになっておめでとう」とコメントした。

また映画分野では、『シェイプ・オブ・ウォーター』の監督ギレルモ・デル・トロや『ブラックパンサー』のルピタ・ニョンゴなどが選出された一方で、音楽分野では、マイケル・ブーブレ、ピンク、サイプレス・ヒル、ドリー・パートン、リンダ・ロンシュタット、エミルー・ハリスのほか、1984年に49歳の若さでこの世を去ったR&B歌手ジャッキー・ウィルソンが殿堂入りの名誉に預かった。

今回選出された人たちは、2年以内にお披露目の式典を行うことになる。

一方で、ダニエルには、ダニー・ボイルがメガホンを取る来年公開予定の「007」シリーズの第25弾が控えている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop