ミーナ・スヴァーリ、羽毛の使用中止を呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミーナ・スヴァーリが米大手チェーン、ベッド・バス・アンド・ビヨンドに羽毛の使用中止を呼び掛けた。ヴィーガンとして知られるミーナは、同社の枕や布団などに使用されているガチョウの羽毛の製造過程が「暴力的」であるとして同社のスティーブン・H・テマレスCEOに手記を寄せた。

そこにはこう綴られている。「私はデザインやインテリアのインシピレーションを求めてベッド・バス・アンド・ビヨンドの店舗に足を運ぶ固定客の1人です。でも今日は、ダウンを全て商品棚から取り除き、代用品を寝具や生地に使うことでちょっとした改革と近代化を図り、虐待を止めることを考えていただくことを訴えたいのです」「度重なる調査により、工場では作業員が生きたままの鳥をさかさまにして足にはさみ、ガチョウやアヒルがもがき叫ぶ中、羽毛をむしり取ることが発覚しています。その残忍なむしり取り作業によってできた怪我は、すぐに針と糸で縫い合わされているのです」

ニューヨーク・ポスト紙によると、ミーナは動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)を代表し、29日(金)に予定されているベッド・バス・アンド・ビヨンドの年次株主総会で株主たちにも訴えるつもりだという。

また、ミーナはPETAによる最新の反羽毛キャンペーンにも登場しており、そこでは血の羽毛にまみれた顔を見せている。

ミーナは動物愛護に積極的に取り組んでおり、2017年に動物関連製品を一切取り入れないヴィーガンの生活を始めたことで、世界に前向きな影響を与えていると実感していると語っていたこともあった。「コスメも洋服も全て、自分の生活から動物実験をしないものに変えたの。そうしたことに満足しているわ。ファッションは大好きだから、環境に優しいファッションでも楽しめるってことを世間に見せたかったの。環境にも動物に優しいことをしていて、さらにはかなりお金も抑えられるわけでしょ。着ている服に満足できてうれしいわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop