マーク・ウォールバーグ主演作『マイル22』 、公開前に続編製作決定!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーク・ウォールバーグ主演作『マイル22』の続編製作が予定されているようだ。マークがジェームズ・シルヴァ役で出演もする同作は8月17日公開予定だが、製作側はヒットを見込んでいるようで、すでに続編に向けて動き出しているようだ。

STXエンターテイメントはすでに、続編の脚本に向けてウマイル・アリームを候補に挙げるなど動き出しているとハリウッド・レポーターは報じている。しかし、今後の撮影予定や公開予定日などは不明だ。

『マイル22』は、マーク演じる優秀なアメリカの諜報部員が、機密情報を持った警察官を国外に脱出させようとする物語で、ローレン・コーハン、ジョン・マルコヴィッチらが出演する。

一方でマークは最近、過去にも3作でタッグを組んでいるピーター・バーグ監督から何年も前に『マイル22』のアイデアを最初に打ち明けられていたことを明かしている。

「ピートと僕が別の作品を撮影している頃のことだけど、彼が僕にこのアイデアを語り始めたんだ。これは何年か前の話だよ」「今回の配役について僕に話し始めて、もっと小さな役柄の予定だったんだけど、主役になっちゃっていたんだ。僕らはお互いにこのアイデアを実話から離れて楽しめるようにしようと思っていただけだと思う」「キャラクター中心の展開ですごく知性に溢れた作品であると同時に、面白みもある作品にしたかった。実際にあった悲劇とかそういうのなしでね」

さらにマークは撮影終了前に、シリーズ化するのに十分なキャラクターを確立したと話している。

「ストーリーそのものや、僕らがチームとして直面したチャレンジ、この映画の終わり方を考えると、素晴らしいお膳立てになると思う。この物語には、みんなが見たいと思うような2つの本当にクールな側面があるんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop