『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』のニア・ヴァルダロスが離婚へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』のニア・ヴァルダロスがイアン・ゴメスと破局した。1993年に結婚し、11歳の娘イライアちゃんを持つ2人だが、夫婦というより友人関係になってきていたことを理由に離婚を決めていたことを発表した。

2人から出された共同声明文にはこう書かれている。「私たちは長らく別居していました」「私たちの関係は友人となっていましたので、結婚生活を終えるという決断は、全くもって互いに納得の上での友好的なものです」「すぐに過去のものとなるであろうこのニュースの報道が、良識の元で行われることを願っています。プライバシーの尊重に感謝します」

3日(火)にはニアが和解できない相違を理由に離婚届けを出しており、その中では破局の日付が2017年7月29日とされている。

ザ・ブラストが入手した書類によれば、ニアは2008年に養子縁組した娘の共同親権を求めており、配偶者扶養料については「調停で決定」とされているという。

2人は2002年の『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』をはじめ、2016年公開の続編、そして2009年のニアの監督デビュー作『アイ・ヘイト・バレンタインデー』など数々の作品で共演してきた。また、2015年から2017年にかけては料理オーディション番組『ザ・グレイト・アメリカン・ベイキング・ショー』でも最初の2シーズンにおいて共同司会を務めていた。

そして過去には13度もの不妊治療の経験や、代理母出産の試み、数回の流産を経てイラリアちゃんを養子に迎えたという、子供を持つまでの苦難をニアは告白していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop