リアム・ペイン、9月リリース予定のアルバムは未完成?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアム・ペインのソロデビューアルバムはまだ未完成のようだ。先日1児をもうけた恋人シェリルとの破局が明らかになったばかりのリアムは、ワン・ダイレクションが活動休止後ソロ初となるアルバムのリリース日を9月14日と先日発表したものの、サウンドのスタイルに変更を加えたい点が出てきたという。

レコード会社側は予定通りリリースしたいと考えているものの、リアムが「自分を見つめ直すようなアーバンサウンド」への変更を求めていることで、現段階では今後の予定が未定となっているようだ。

関係者の1人はザ・サン紙にこう話す。「リアムのチームは必死で曲を探しています」「9月にリリースしたいと思っていますが、アルバムは完成には程遠い状態ですので延期は避けられなさそうです。すべては漠然とした状況です」

その一方で、それだけ待つ価値のある作品になるという見方もあり、別の関係者は「リアムは常にレコーディングをしていて、曲作りを続けています」「昨年末以来、自分のサウンドというものを発見したので、アルバムに向けての曲選びにも反映されています」「とても良い出来ですよ。リアムは世間に聞いてもらうことが待ちきれないようです」と話している。

リアムはこれまで、『ストリップ・ザット・ダウン』『ベッドルーム・フロア』『ファミリアー』『ゲット・ロウ』のほか、リタ・オラとのコラボ曲『フォー・ユー』をリリースしている。

リアムはアルバムのリリース予定日を『グッド・モーニング・アメリカ』で先日発表した際、「9月14日リリースだよ。それ以外はあまり言えないけど」「すごく満足してる。いい仕上がりなんだ」と自信を見せていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop