映画監督クロード・ランズマン、92歳で死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスの映画監督クロード・ランズマンが、パリの自宅で息を引き取った。92歳だった。死因は明らかにされていない。9時間超のドキュメンタリー映画『ショア』で知られるクロードは1925年パリの東欧系移民の家庭に生まれ、大戦中には反ナチス・レジスタンス運動にも加わっている。映画製作に携わる前は、文学と哲学を学び、ジャン=ポール・サルトルやシモーヌ・ド・ボーヴォワールなどフランス知識人とも交流があった。

クロードの代表作となった『ショア』は、第二次世界大戦中のナチスドイツによるホロコーストの恐怖を、関係者の証言で描き出した作品だ。製作に12年を費やし、1974年から1981年にかけて行ったインタビューは延べ300時間に及ぶ。

後に自伝の中でクロードは、次のように語っている。「この映画の主題は死そのものだと言えるでしょう。生ではなく死を描いたのです」「12年間、私は『ショア』という闇を絶え間なく見つめてきたのです」

『ショア』は1985年の公開以来、世界各国で称賛を浴び、厳しい映画評論家として知られたロジャー・エバートを「映画史上最も高尚」と言わしめた。

その後の作品が『ショア』ほどの評価を受けることはなかったものの、クロードは最期まで映画監督として活動を続けた。また、生涯3度結婚し、アンジェリークとフェリックスの2人の子どもがいるが、フェリックスは昨年ガンにより死去していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop