カイリー・ジェンナー、 唇の美容整形を中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カイリー・ジェンナー(20)が唇のボリュームを変える美容整形「リップフィラー」をやめたようだ。ふっくら唇を手に入れるため16歳からその美容注射を受けてきたカイリーだが、今回インスタグラムでその中止を明かしている。

同SNSに投稿された友人アナスタシア・カラニコラウとののツーショット写真にファンの一人が「この写真、昔のカイリーみたい。何故だかはわからないけど」とコメントしたところ、カイリー本人が「私フィラーをやめたのよ」と心配顔の絵文字付きで返信していた。

その発言と写真のカイリーの自然な見た目にたくさんのポジティブな反応が寄せられ、あるファンは「リップフィラーをしない方がずっといい。より若く見えるし、断然きれい」と、別のファンは「素晴らしいわ、自然な見た目でフレッシュで若くて美しく見える」とコメントした。

カイリーはカーダシアン家のメンバーの特徴でもあるふっくら唇を実現させるリップキットをカイリー・コスメティックスからも発表しているくらいだった。

そんなカイリーはフィラーを決めたきっかけについて、『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』のスピンオフ番組『ザ・ライフ・オブ・カイリー』にて、「私の唇はとても薄かったの。ファーストキスかなんかの時は男から『君はキスが上手になる気がしない。唇がそんなに薄いから』って言われた」「それが本当に私に影響を与えたわ。求められていないんだ、可愛くないんだって感じた」と告白していた。

そして、8日(日)に公開されたされた質疑応答動画の中で、カイリーは恋人トラヴィス・スコットとの4ヶ月になる娘、ストーミちゃんが自身の唇を受け継がなかったとしてこう語っている。

「ストーミはまるで私と双子みたい。でも今はより父親似になってきている」「おちおちしていられないのは、あの娘、世界中でも完璧な唇の持ち主なの。私のは遺伝しなかったのね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop