海外セレブ、外タレのニュース・ゴシップ・スキャンダル

『フォックスキャッチャー』、原作者マーク・シュルツが映画を痛烈批判

チャニング・テイタム

マーク・シュルツが2月14日日本公開予定の新作『フォックスキャッチャー』とその監督ベネット・ミラーを痛烈批判している。スティーブ・カレル、マーク・ラファロ、チャニング・テイタムらが出演する1984年ロサンゼルス五輪のレスリング金メダリスト、マーク・シュルツによって執筆された同名書籍を原作としたこの作品に対して、マークは自身のツイッター上で自分自身の描かれ方が好きではなく、ずさんな映画だと酷評した。…

人気記事ランキング
関連リンク
人気キーワードランキング
キーワード索引
記事へのお問い合わせ
広告のお問い合わせ