海外セレブ、外タレのニュース・ゴシップ・スキャンダル

チャーリー・シーン、HIV治療の担当医を批判

チャーリー・シーン

チャーリー・シーン(50)が自身のHIVを完治させたとする担当医が危険人物だと非難した。チャーリーはメキシコでサム・チャチョーワ医師のもとヤギのミルクを用いた治療を受け、その治療が成功したと自信満々の医師がその証拠にチャーリーの血液を自身に投入して見せたくらいだったというが、今になってチャーリーはその医師の治療法が危険なものであると批判している。健康番組『ドクター・オズ・ショー』に出演した際チャー…

人気記事ランキング
関連リンク
人気キーワードランキング
キーワード索引
記事へのお問い合わせ
広告のお問い合わせ