海外セレブ、外タレのニュース・ゴシップ・スキャンダル

エアロスミス、欧州さよならツアー敢行を発表

エアロスミスが2017年にヨーロッパでさよならツアーを敢行すると発表した。「エアロ・ヴェデルチ・ベイビー!」と題されたこのツアーは、5月17日のイスラエルのテルアビブ公演を皮切りに、7月5日のスイスのチューリッヒ公演で幕を閉じるという。

エアロスミスは最近チリ、アルゼンチン、コロンビア、ボリビア、ブラジル、ペルー、メキシコを回る南米ツアーを終えたところで、フロントマンのスティーヴン・テイラーは「エアロスミスは本物のロックの伝道師のように南米を旋風した。止まることのできない俺らは、ヨーロッパで俺らができる最高のことをし続けるんだ。熱く語れ!リヴィング・オン・ジ・エッジ。ロックのために今日も生きる」とコメントし、ギターのジョー・ペリーは「ヨーロッパは3年ぶりだ。ブラザーたちを代弁すると、ヨーロッパに行くのが待ち遠しいし、さらに努力をするぜ。南米の最後のツアーはフル回転だった。止める理由がみつからないよ」と続けた。

ヨーロッパツアーには、スウェーデン・ロック、フランスのヘルフェスト、イギリスのダウンロード・フェスティバルへの出場も含まれる予定だ。

テイラーは以前にもさよならツアーの計画をほのめかし、バンド最後のアルバムをリリースする可能性があるとも話していた。テイラーは今年、ソロのデビューアルバム『サムバディ・フロム・サムウェア』をリリースし、ペリーはジョニー・デップ、アリス・クーパー、ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガンと一緒にザ・ハリウッド・ヴァンパイアーズとしてツアー中だ。

人気記事ランキング
関連リンク
人気キーワードランキング
キーワード索引
記事へのお問い合わせ
広告のお問い合わせ