海外セレブ、外タレのニュース・ゴシップ・スキャンダル

ミシェル・ウィリアムズ、新作撮り直しのギャラはマーク・ウォールバーグのわずか1パーセント!?

ミシェル・ウィリアムズ

新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』の撮り直しで、主演のミシェル・ウィリアムズが受け取った給料が、同じく出演者のマーク・ウォールバーグのわずか1パーセントだったと報じられている。 同作で当初、ジャン・ポール・ゲティ役を演じていたケヴィン・スペイシーに対してセクハラ疑惑が浮上したことで、公開間近に撮り直しをするに至ったこのリドリー・スコット監督作は、すぐにクリストファー・プラマーにキャス…

人気記事ランキング
関連リンク
人気キーワードランキング
キーワード索引
記事へのお問い合わせ
広告のお問い合わせ