ロージー・オドネル、行方不明の娘が無事保護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロージー・オドネルの行方不明になっていた娘がニュージャージー州内で無事に保護された。精神病を患っている17歳の娘チェルシーは、11日(火)にニューヨークのナイアックにある自宅付近で目撃されたのを最後に行方不明になっていたが、ロージーが自身のウェブサイトでチェルシーに関する情報を求める訴えをしたわずか数時間後に警察に発見されたという。ロージーはツイッターで「チェルシーは無事に発見され、警察に保護されています。みなさんの応援と励ましに感謝します」と感謝のメッセージを投稿している。

TMZ.comによれば、警察はチェルシーの携帯電話の発信場所により自宅から130マイル(約209キロ)離れたジャージーショアのバーナゲット・ライトにいたチェルシーと介護犬ベアの居場所を突き止めたという。

警察はロージーが16日(日)、チェルシーが必要な薬を飲んでおらず治療が必要な状態であると通報したことで捜査を始めていた。

チェルシーはロージーと元妻ケリー・カーペンターの娘であり、2007年に破局した2人はほかにも2人の子供がいる。ロージーには1995年に養子縁組した息子パーカーと、2月に破局した別居中の妻ミッチェル・ラウンズとの間に養子に迎えた娘ダコタもいる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop