アース・ウインド・アンド・ファイアーのモーリス・ホワイトが74歳で死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アース・ウインド・アンド・ファイアーの結成メンバーであるモーリス・ホワイトが4日(木)朝、ロサンゼルスで74歳で死去した。同バンドで共に活躍したモーリスの弟ヴァーダインが4日にモーリスが兄の死を認めている。「兄であり、自分のヒーローであり親友であったモーリス・ホワイトが就寝中に静かに息を引き取りました」「世界はまた新たな素晴らしいミュージシャンであり伝説だった人物を失くしました。私達家族はこれから困難で人生を変えうる日々をスタートさせることになりますため、プライバシーの尊重をお願い申し上げます。皆様のお祈り、ありがとうございます」

1992年にパーキンソン病と診断を受けていたモーリスだが、ここ数か月は病状が悪化したと言われていた。 

アース・ウインド・アンド・ファイアーは『セプテンバー』『ブギー・ワンダーランド』『シャイニング・スター』『アフター・ザ・ラブ・ハズ・ゴーン』など数々のヒット曲を世に出し累計9000万枚以上のアルバムセールスを記録した。バンドとしては2000年にロックの殿堂入りを果し、モーリス個人では2010年にソングライターズ・ホール・オブ・フェイムに選ばれ殿堂入りを果たしていた。リースという相性で親しまれたモーリスは、ザ・エモーションズ、バーブラ・ストライサンド、シェール、ニール・ダイアモンドら有名アーティストともコラボも果した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop