ロビー・ウィリアムス、テイク・ザットの新曲に参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロビー・ウィリアムスがテイク・ザットの新曲に参加しているようだ。1995年に同グループを脱退し、2010年発表のアルバム『プログレス』とそのツアーに参加したものの、2012年にまたソロ活動へと戻っていたロビーが、来年結成25周年を記念してリリース予定のベスト盤に向けて作曲およびレコーディング活動に加わるようだ。ある関係者はザ・サン紙に「ロビーは創作活動に参加するのが大好きですし、貢献できる点も多々ありますからね」「前回の参加作では当時のソロ活動を反映したエレクトロのサウンドで影響を与えていました」「当時のスタジオセッションの頃からはすっかり変わりましたし、全てをかなり真剣に捉えていますよ」と話している。

メンバーのゲイリー・バーロウは昔のいざこざは忘れてロビーが戻ってくることはいつでも大歓迎だと常に口にしており、現在ではすっかり落ち着いたロビーもテイク・ザットの素晴らしいキャリアの節目を一緒に祝いたいと考えていると先日には報じられていた。その際、関係者の1人は「ロビーは戻ってまた一緒にパフォーマンスすることに乗り気です。今はメンバーとの関係も落ち着いていると感じていますし、グループの素晴らしい活動を祝うことを手伝いたいんです」と話していた。

一方で2014年にグループを脱退したジェイソン・オレンジが復帰するかについては明らかになっていないものの、以前にゲイリーはその可能性は低いとの見方を示していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop