マイケル・J・フォックス、同じパーキンソン病と闘ったモハメド・アリとの思い出語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・J・フォックスがパーキンソン病と戦っていたモハメド・アリは冷静だったと称賛している。それぞれ1984年と1991年にパーキンソン病と診断されたアリとマイケルは、この病気の存在を広く認知させたり、研究資金を集めたりするための活動を協力して行っていたが、マイケルは同じ病気に直面するときにアリ以上心強い見方はいなかったと『トゥデイ』出演時に語った。「自分がパーキンソン病と診断される前からアリのことを尊敬していたし、彼のスポーツでの活躍、身のこなし、気品、スタイル、冷静さ、彼が経験してきた中での信念を敬っていたんだ。だけど、彼に実際会って共通のこと、つまり共通の闘いで一緒に協力することになったけど、彼以上味方にしたい人っているかな?って感じだったよ」「(ある電話の中で)アリはしばらくの間沈黙してたんだ。そして、アリはとても優しい声で『君が僕と一緒にこの闘いの中にいるなんて嬉しいよ』って言ってくれたんだ。僕の人生の中で、何かが生まれた瞬間だったね。僕らはもっと大きな何かの一部なんだって気づいたんだよ」

3日にプロボクサーだったアリが敗血症性ショックにより74歳で他界した直後、マイケルはツイッターに「巨大な人、影響力のある人、平和の人、治療のために闘う人。有難う」と追悼メッセージを投稿していた。またその後には「モハメドは、本物の伝説でした。ボクシングのリングでのチャンピオンであり、何百万人ものパーキンソン病患者家族のチャンピオンでした。その大きなチャレンジに直面する中で慎み深さと勇気をもった人の例として尊敬します」とコメントも出していた。

アリはパーキンソン病と診断された際、余命10年と宣告されていたものの、ポジティブな精神で最終的に病気発覚から32年間も生き延びることができたとアリの友人が先日明かしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop