『スター・トレック』のアントン・イェルチンが事故死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『スター・トレック』の出演者として知られるアントン・イェルチンが27歳の若さで帰らぬ人となった。19日(日)の朝方、アントンはロサンゼルスの自宅で門と自身の所有する車に挟まれ死亡したと報じられている。TMZによるとアントンと会う約束をしていた友人が、アントンが現れなかったため心配し、サンフェルナンド・バレーにある自宅を訪れたところ、門に設置された郵便受けと車の間に挟まれているアントンを発見したのだという。発見当時、車のエンジンはついたままになっており、ギアはニュートラルになっていたそうだ。

アントンの広報担当者は「俳優アントン・イェルチンは今朝、衝突事故により亡くなりました」と発表している。

現在警察は死因を調査中だが、殺人の可能性はないとみているようだ。

アントンは今までに『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』や『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』、そして「スター・トレック」シリーズなどに出演してきた。

今回の訃報を受け、「スター・トレック」シリーズの共演者をはじめとする著名人から次々と追悼のメッセージが寄せられており、ザカリー・クイントはインスタグラムに「僕たちの親愛なる友人であり、同僚であり、僕が幸運にも知ることのできた人の中で最もオープンで知的好奇心に溢れ、とてつもない才能に恵まれ寛大な心を持ち、年齢をはるかに超えた知性を持った僕達のアントンが、早々と逝ってしまいました。この耐え難い辛い時期に遺族のみなさまに全ての愛と強さを送ります」とコメントした。また、『スター・トレック』の監督を務めたJ・J・エイブラムスやその続編『スター・トレック Beyond』で監督を引き継いだジャスティン・リン、そしてアントンの出演が決定していた新作ドラマ『トロールハンターズ』のギレルモ・デル・トロ監督もその才能あふれたアントンの死を悲しむ声をソーシャルネットワークに綴っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop