マイケル・ジャクソン、U2を偵察しようとしていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・ジャクソンがU2とのライバル絶頂期に偵察隊を送りこもうとしていたという。U2が1988年作『ヨシュア・トゥリー』で大人気を誇ってからひどくライバル視していたというマイケルは、その秘訣を探ろうとダブリンのスタジオに撮影隊を送り込もうとしたという。しかし、U2のマネージャーであるポール・マクギネスによってその試みが発見されてしまったのだそうだ。

ボノはザ・サン紙に「マイケルは僕たちの自然体を観察したかったんだ」と話した。

そんな中、マイケルの娘パリス(18)は2009年に自身が11歳の時に50歳でこの世を去った父からお姫様のように扱われていたというエピソードを先日明かしていた。「私が子供の頃、私はお父さんと2人の兄弟と一緒に過ごしたわ。私は唯一の女の子だから、お気に入りのように扱われていたの。お姫様みたいにね。お父さんの目には私が完璧な子として映っていたのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop