バックストリート・ボーイズ、ラスベガス公演を延長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックストリート・ボーイズがラスベガスでのツアーを延長することとなった。『アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ』でも知られるニック・カーター、ケヴィン・リチャードソン、A.J.マクリーン、ブライアン・リトレル、ハウィー・Dの5人は、今年3月からラスベガスのプラネット・ハリウッド・リゾート・アンド・カジノにある劇場ジ・アクシスで行っている「ラージャー・ザン・ライフ」ショーを来年まで続けることになったという。

ケヴィンはピープル誌に「僕らはみんなもう父親なんだ。家族と滞在するのにここはとても便利なんだよ。週3の頻度でショーをしていて、飛行機やバスで毎日次々と新しい町や会場、ホテル、空港に行かなくてすむ。本当に楽だし楽しいんだ」と述べている。

また同グループは年内にも新曲をリリースし、その後にワールドツアーをすることを望んでいるというが、ラスベガス公演の更なる延長も希望しているようだ。

ケヴィンは「みんなパーティーをして浮かれ騒いで、いい時間を過ごしたくてラスベガスにきているだろ。ここは日常から離れた素晴らしい遊び場なんだよ。僕らと共に年を重ねてきたファンたちにとってもラスベガスでの公演はぴったりだと思うんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop